注文住宅を建てる前に知っておいてほしいこと

『マイホームを手に入れる』というのは、人生の中でも節目となる大きな出来事の1つです。一生に一度の買い物となる人も少なくありません。ましてや注文住宅となれば、建売やマンションを購入するのとは全く話が違います。一から土地を探し、住宅展示場を回り、現場にも何度も足を運び…そうして自分のこだわりを詰め込んだ家は本当の意味で『我が家』と呼べるものになるでしょう。

とはいえ、満足のいく《最高の注文住宅》をつくりあげるのは、決して簡単なことではありません。希望をすべて詰め込めばよいものができるとは限らないですし、そもそも予算にはどうしても限界があるでしょう。また、理想的な土地や住宅メーカーと巡り合うことができるかどうか…というのも非常に大事な要素です。

そして住宅という大きな買い物(※大きい買い物の料金はここで借りるのが便利です→http://kurohune-of-money.jp/)の怖いところは、失敗した、思ったものと違った…となった時に、やり直しがきかない可能性がとても高いということです。少なくない時間とお金をかけたにも関わらず、後悔をする羽目になるのではやり切れません。しかも、向こう数十年と住み続けなければならないのです。

最初で最後となるかもしれない買い物だからこそ、できれば後悔のないものにしたいですよね。はじめての注文住宅づくりで失敗しないために、やはり必要なのは知識です。このブログでは、注文住宅を建てる際に欠かせない知識やノウハウを余すことなくご紹介します。これから注文住宅を建てることを検討されている方、ぜひしっかり読んで参考にしてください。

理想の注文住宅を建てるためには知識が必要です

『さぁ、注文住宅を建てよう!』となった時に、一番に考えるべきことはなんでしょうか?理想の間取りやこだわりを詰め込んだインテリア、おしゃれな外観…夢を語り始めればきりがありません。でも現実的なことを言ってしまえば、まず最初に突き詰めてしまわなければいけないのは『お金の話』です。

再三言いますが、家というのはとても大きな買い物です。キャッシュで買うというよりは、住宅ローンを組むのがごく一般的なルートでしょう。ひとたび住宅ローンを契約してしまえば、その後数十年という長期間にわたってコンスタントにお金を支払っていかなければなりません。

住宅ローンを家賃みたいなもの…ととらえている人もいますが、それは危険な発想です。賃貸であれば途中で経済状況が変われば家賃の安いところに引っ越すこともできます。しかし住宅ローンの場合、『家計がきついから下げて』はまかり通りません。そして住宅ローンが支払えなくなることは、せっかく手に入れた我が家を失うことに直結します。

したがって注文住宅を検討する際には、まず予算ありきで進めるのが基本です。その予算の中で、より良い土地を見つけ、より良い家をつくるように精一杯を尽くすのです。そこでものをいうのが、家づくりに関する知識量です。 土地選びや住宅メーカー選び、そして間取りや内装・設備など細部に至るまで、ノウハウを仕入れておいて損はありません。自由度の高い注文住宅だからこそ、望み通りのものをつくりあげるためにはしっかりした下地が必要なのです。

初期投資で決まる!?本当の意味でエコな住宅の作り方

本当の意味でエコな住宅をつくるためには、外側と内側両方から熱効率なども含めた省エネを考えることが大切で、スマートハウスなどもおすすめですが、そのぶん初期投資が多くなるのでバランスが重要です。

建てたら終わりじゃないんです!我が家にかかる税金とは?

一戸建ての注文住宅を取得・保有するには、取得時の不動産取得税、保有している間の固定資産税や都市計画税など複数の税金が発生するので、しっかり把握しておきましょう。

知らなきゃ損する!注文住宅の補助金やローン控除のこと

注文住宅を新築で建てる際には、エコ関連などの様々な補助金制度や要件を満たせば所得税の還付が受けられるローン控除などの助成制度があるのでしっかり活用して金銭面の損を減らしましょう。

暮らしの質を変える?注文住宅だからこそ照明にもこだわるべし!

注文住宅のインテリア選びにおいて、照明は完成後の変更・追加が難しく、暮らしの質を左右する力を持っているので、特に明るさと色合いを重視してしっかりこだわって選びましょう。

Next Page