最重要!大切なマイホーム、どんなところで建ててもらう?

注文住宅というのは、一生にそう何度も建てる機会のあるものではありません。だからこそ、後悔のないものを…と願うのは当たり前のことですよね。そこでとても重要になるのが、どんなところにその大切な我が家の家づくりを頼むのかということ。理想の注文住宅を現実のものとするためには、施工の依頼先選びというのは決しておろそかにしてはいけない部分です。

最初に知っておいてほしいのは、注文住宅づくりを請け負う業者にも種類があるということです。全国的に展開し、どの住宅展示場を訪れても名前を見かけるような大手のハウスメーカーやそれよりもう少し規模の小さい中堅ビルダー、地元に根付いて地域密着型の営業をしている地場の工務店、そして少し毛色の違う設計事務所…注文住宅を頼む先としては、だいたいこの3種類が主だったところと言えるでしょう。この3つの特徴について、ここでは少し詳しく説明します。

まず大手ハウスメーカーや中堅ビルダーについてです。この類の業者はテレビで頻繁にCMを見かけることもあり、おそらく家づくりを考えた時に真っ先に候補に挙がるでしょう。価格帯は比較的幅広く、様々な工法やなどの特色を打ち出しているところも多いので、そういったところから絞り込んでいくことになります。

ある程度仕様が規格化されているところが大半なので、設計上の自由度は比較的低いと言えます。とはいえ会社としての信頼度の高さや品質、完成後のアフターフォローや保証制度などのシステムがしっかりしているところは魅力的です。中堅ビルダーでは、メリットとデメリット、それぞれがもう少し和らぐと考えてください。

地場の工務店は、一昔前でいえば大工の棟梁が店を持っていたようなところです。ただし近年ではその経営スタイルも多角化してきており、外部の設計事務所と連携してデザイン性を打ち出したり、ハウスメーカーのように住宅の使用を商品化したりと、様々なタイプの工務店があります。

したがって一概にメリット・デメリットというのを挙げることは難しいでしょう。コストや品質、デザイン、そしてアフターフォローなど、何を見ても本当にその工務店によるとしか言えません。1つ間違いないのは、もししっくりくる工務店に出会うことができれば、他のどこに任せるよりも理想的な注文住宅を作り上げることができるであろうということです。工務店に注文住宅を施工を頼みたいのであれば、とにかく情報収集は密に行うことをおすすめします。

そして最後は設計事務所です。設計事務所の一番の特徴はとにかくデザインにこだわった住宅づくりをしているというところにあります。建築家と呼ばれるいわゆる『図面をひく人』が主だった運営者で、たいていの場合施工は別の工務店などが請け負うことになります。とにかく他にはないデザイン・空間を持つ家にしたいというのであれば、設計事務所が最適でしょう。

ただしコストについてはやはり高めになってしまいます。こだわりの分だけ建築費用は上がりますし、設計事務所に設計を依頼すれば設計料として別途費用が発生するのが基本です。また、設計事務所にも得意分野というものがあるので、住宅のことは住宅に強い設計事務所に頼むのがやはり確実です。

それぞれの違いがおわかりいただけたでしょうか?3種類それぞれで全くタイプが異なるので、一概にどこがベストということはできません。よく比較し、考えて、念願のマイホームをゆだねる相手を決めましょう。

Categories: archive